このブログを検索

2011年9月29日木曜日

(麻) 鉛筆でぬりぬり

50Aから気になったところを。

・圧拮抗現象:吸入麻酔のメカニズムとしては,吸入麻酔薬が脳細胞の膜の脂質二重層に入り込んで側圧をまし,これがイオンチャンネル蛋白の活動に影響を与えて,麻酔状態を誘導すると考えられている.吸入麻酔薬は脂質二重層に入り込んで,膜構造に歪みを与える.高圧を加えると脂質二重層に入り込んだ吸入麻酔薬との物理化学的結合に異常が生じ,吸入麻酔薬分子が脂質二重層から除去されてしまう.これが圧拮抗現象である.
→参考ウェブ「電子版麻酔学教科書」
http://masuika.net/forum/forum2.cgi?Work=Part&Forum=page6&No=&Num=8&Back=Tree

 ・フルマゼニルの代謝:大部分がエチルエステルの加水分解によりカルボン酸体に代謝された後、その約40%がグルクロン酸抱合体に変化し、いずれも尿中に速やかに排泄。
・水中毒 ― オキシトシンの副作用
・脊髄の痛覚伝導路 ― 外側脊髄視床路
・パラコート:胃から吸収せず、腸から徐々に吸収(腸肝循環は少ない)吸収率=10(5~15)%、6時間で40%

@麻酔科学の歴史
・亜酸化窒素の麻酔作用発見:1800年 Davy H
・モルヒネ分離:1804年、ドイツの薬剤師フリードリヒ・ゼルチュルナー (Friedrich Sertürner) により、初めて分離(この物質は、史上初めて薬用植物から分離されたアルカロイドとなった)。
・CO2の麻酔作用:1824年。Hickman HH
・エーテル麻酔実施:1842年。Long CW
・プロカイン合成:1904年。Einhorn A

7 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

筆記お疲れさまでした

ブログ、試験勉強中大変お世話になりました!
明日私はフリーなので観光でも行ってきます
後は面接ですが皆さん頑張りましょうね

fragilemetalheart さんのコメント...

>匿名さん

コメント大変ありがとうございます。
B問題が難しく太刀打ちできていませんでしたが、何らかのお役に立てていたのでしたら嬉しいです。

口頭試験と実技試験、頑張ってください!

はまぐり さんのコメント...

私は本日全日程終了しました。
試験勉強中はこのブログに大変お世話になりました。
試験の出来についてはまったく自信がもてませんが・・・
どうもありがとうございました。

fragilemetalheart さんのコメント...

>はまぐりさん

お疲れのところ、わざわざコメントくださり、ありがとうございます!
試験委員の先生は「例年通り」と仰ってましたが、なんともいえない難しさのある試験でしたね。

はまぐり さんのコメント...

>fragilemetalheartさま

例年通りではないですよね。
口答や実技の問題の出し方もやや違うように思いますし、筆記も難しめだと思います。
特にB問題には苦しみました。
噂では、合格率は下がるようです。

fragilemetalheart さんのコメント...

>はまぐりさん

うーん、それは大変がっかりする噂ですね。
脳外科専門医みたいに6-7割ってことはないのでしょうけど…。いずれにせよすぐ発表が出ますし、それを待つしかありませんね。

Unknown さんのコメント...

明日発表で胃が痛いです・・・。
実技試験の初めの質問でちょっとどぎまぎしたら、もう完全にこいつ頭でっかちの手動かないヤツだな・・・ってな態度と表情でその後の手技も疑いの目でガン見され・・・。
正直、医局始まって以来の実技落ちの危機か・・・てな感じです。
はぁ・・。

あ、サイトの記事、随分参考にさせて頂きました。感謝です。