このブログを検索

2010年5月30日日曜日

Training in Rena(其の三十五)、追悼

短時間しか走れない今日のような場合、傾斜ランニングで負荷をかけるのがよい。

ランニング:37分 4.8km(傾斜3.0~6.0にて8.0-10.0k/h) 計228.7km
筋トレ:広背筋、腸腰筋、腹直筋
(2月 48km, 3月 56km, 4月 63.1km, 5月 61.6km)

4月5km:なまずの里マラソン  23分07秒
6月8km:多摩川提マラソン(あと14日)
7月10km:東和ロードレース(あと35日)
9月20km:田沢湖マラソン(あと112日)

***
ほうれん草
・ほうれん草の根元の赤い部分にはマンガンが豊富に含まれており、甘みもある。
・栄養成分:カロテン、ビタミンB群・C、葉酸、鉄、カルシウム
・12-1月がおいしい時期
・鮮度が命。どんどん水分が蒸発するので新鮮なうちに調理する

***
デニス・ホッパーが5月29日に満74歳で亡くなったそうだ。前立腺癌のためだとか。カンヌ国際映画祭で新人監督賞を獲得した有名な「イージーライダー」は彼の代名詞とも言える作品だが、私は未だ未体験。私の記憶の中には「地獄の黙示録」の報道写真家が、「ウォーターワールド」のディーコンが、近年ではジョージ・A・ロメロが監督したゾンビ映画「ランド・オブ・ザ・デッド」のカウフマンが、色濃く残っている。1番強い記憶は「スピード」のハワード・ペインだ。私の中でアクション映画の金字塔の1つである「スピード」がロードショーされたのは1994年。まだ中学生で映画を本格的に見始めたばかりの頃だったが、あの映画でかっこよかったのはキアヌ・リーブスでもサンドラ・ブロックでもない。デニス・ホッパーだった。
「怪演」ということばで表現されることが多かった俳優が天に召された今、幾許か寂しい気分である。友人や家族であれば相互に影響を及ぼしあう関係であるが、有名な役者・俳優と私との関係では、感情の流れは私からのほぼ一方通行である。いずれ忘れてしまうこの感情ではあろうが、人の死に触れると空虚な心になるものだ。

0 件のコメント: