このブログを検索

2010年5月19日水曜日

酸素療法講習会

18日火曜日。
本来であれば自分が教わりたい内容であったが、事の成り行きで他部署の看護師さんたちを相手に講師をすることになった。
お題は「Tピース、ジャクソンリース、アンビューバッグの使い方」

となると適当なことは話せない訳で、それなりに勉強する。パワーポイントを作成する。ネタ探しに教科書に載っていないかといろんな本を見る。やっと書いてある教科書のワンセクションを見つける。執筆者の名前を見ると何故か当科の先輩麻酔科医が執筆していたりして改めて尊敬の念に駆られる。一通りスライドを自分が話しやすいようにアレンジした後に、予行練習的に1人で講演の予行練習をする。持ち時間が40分あるのに15分で終わってしまう。まずい。池上彰氏の「わかりやすく<伝える>技術―講談社現代新書」を読んだりして、どう話したら分りやすいか考える。そんなことをしたりしなかったりののべ1ヶ月であったが、講義は何とかなったのではないかとほっとしている次第である。話し慣れているベテランMEさんの講義が素晴らしかったので、非常に参考になった。自分で勉強して知識を身につけるのと、人に教えること、特に不特定多数の前で話すのは明らかに違うスキルが必要だと実感した火曜日であった。このような機会を与えてくださった皆様に感謝したい。

0 件のコメント: