このブログを検索

2011年7月9日土曜日

(音) AKB48 - ここにいたこと (2011年, 日本)

普段、音楽の評価をする際には、歌詞は全く加味しない私(だってメタルの歌詞はそもそも聴きとれないし)。だからこそ、どんなに酷い歌詞でも優れた歌メロや流麗なギターソロがあれば、いくらでも楽しめるという利点があるのだけれど。

いつのまにかレンタル開始になっていたので借りてみた。そしてブックレットを見てみた。


・昨日までの記憶だけでチャレンジしてはみても 今そこにある問いは初めての難問だ できなくても当たり前 明日はもっと難しい(イイカゲンのススメ)
・言い訳はすべて捨て去るんだ (Overtake)
・明日 生まれて来る子どもへ 僕にできること (僕にできること)
・夢の方からは そっぽ向かないよ 勝手にこっちから背を向けてしまうもの (チャンスの順番)
・何もできない ちゃんとできない それがどうした? (Beginner)

おぉ、下手な自己啓発本より、恥ずかしいくらいに真っ直ぐな金言が詰まっているではないか。流石、当代一の知名度を誇るアーティスト集団は違いますな。未だに名前は全然覚えられないけれど。

0 件のコメント: