このブログを検索

2008年9月25日木曜日

ポッターメモ8 

ステントグラフト内挿術
・適応からはずれる症例 
 ・横隔膜から十分な距離をもってlandingできない場合
 ・landingしたい部位がびまん性に拡大(>36mm)している場合

・横隔膜はTh10くらい。1椎対2.5cm
・グラフとの末梢側がTh7より上になるように。なおかつlanding部分は5cm程度必要
・ステントグラフトがlandingするのは内膜ではなく支持力のしっかりした中膜なので、
 多少内膜が肥厚していても中膜の内径を測定する。
・計測したサイズに2,3mm加えたサイズのグラフトを使用
 

0 件のコメント: