このブログを検索

2011年6月30日木曜日

(音) Music in the first half of 2011

この半年で初聴きした曲での選出。1位以外は特に順不同。
アーティスト / 曲名 (アルバム, 発表年, 国)の順。

Metalらしい曲
1. Circus Maximus / Abyss (Isolate, 2007, Norway)
2. Within Temptation / A Demon’s Fate (The Unforgiving, 2011, Holland)
3. Within Temptation / Iron (The Unforgiving, 2011, Holland)
4. Derdian / BURN (New Era Part.3: The Apocalypse, 2010, Italy)
5. Dragon Guardian / 暗黒舞踏会 (Drangonvarius, 2010, Japan)
6. Amorphis / Mermaid (The Beginning of Times, 2011, Finland)
7. Imaginery Flying Machine / Gake no ue no ponyo (Princess Ghibri, 2011, Japan et al)
8. Megadeth / Washington is next (United Abominations, 2007, USA)
9. Amaranthe / Call out My Name(Amaranthe, 2011, Sweden)
10. Rhapsody of Fire / I belong to the Stars (From Chaos to Eternity, 2011, Italy)

1はイントロがDream Theaterの「Beyond This Life」(Metropolis Part2: Scenes from a Memory収録)マンマなのであるが、さわやかで伸びのある声のvocalによって非metalな方々にも大いにアピールしうる曲。コンパクトでドラマティック。何故か非常に元気が出る。「尊敬しているであろう先人のおいしいところを上手く取り込んで、自分らしさを押し出した絶妙アレンジ曲」ということで1位です。

slowな曲では…
1. Silent Stream of Godless Elegy / Pramen, co vi (Navaz, 2011, Czech)
2. Sirenia / The Enigma of Life (The Enigma of Life, 2011, Norway)
3. Bibleblack / The Black Swan Epilogue (The Black Swan Epilogue, 2009, Sweden) → 4:35-5:30の慟哭ギターが…。

何度も聴いてるけどリバイバルだったのが…
1. Orphaned Land / The Warrior (The Never Ending way of OrwarriOR, 2010, Israel) → 4分以降のギターが…。
2. In Flames / Free Fall (Reroute to Remain, 2002, Sweden) → この曲がIn Flamesの最高傑作だと思う。

0 件のコメント: