このブログを検索

2010年9月11日土曜日

地方会(第50回関東甲信越・東京支部合同学術集会)

ER経由の緊急手術や明け方の緊急帝王切開術の麻酔のため、あまり眠れなかった。帝切の麻酔は久しぶりだったが、2010年3月5日の診療報酬改定で麻酔管理料が700点加算されることになったので、ちょっとやる気が出るというもの。

んで地方会。
今年は同じ職場の先生方の発表が多かったのでなるべく全部見たかったのだが、帝切後に意識消失してしまったので、会場に着いたのは昼過ぎになってしまった。初めて自分が指導者として、レジデントの先生に発表してもらうことになった今回の学会。初めての発表というと「ちょっと珍しい1例報告」が多い中、こつこつとまとめてくれたK先生に感謝。発表も質疑応答も堂々としていたので私が出る幕もなかったのである。やはり発表では声がきちんと通ることが何よりも重要である。いろんなポスター発表を概観したが、困難な症例で安全性を追求するという命題が多くの発表に共通していたようだ。

0 件のコメント: