このブログを検索

2011年11月8日火曜日

(本) 自分のアタマで考えよう -ちきりん (ダイヤモンド社, 2011年)

いろんなデータ、統計、情報の羅列を元にして、どのようにしてアタマを使って考え、結論を導き出すか――ということを噛み砕いて説明してくれる、題名そのままの内容の本です。就活の学生さん、婚活の女性、などを挙げたわかりやすい例え話で、すぅっとアタマに本の内容が入ってきます。
私は(大人気らしい)著者のブログを読んだことがなかったのですが、とても楽しめました。アタマを使って考えよう、という趣旨の本は、本書以外にこれまで何冊も読んだ気がしますが(医学統計の本や英語の本のように)、未だにこの手の本に惹かれてつらつらと読んでしまうあたり、自分の思考停止っぷりを最確認するだけで愕然とします。いずれにせよ、暇さえあればインプットに勤しんでしまう「情報収集病」とでもいうべき状態を、少しずつでも考える時間にあてようと思いました。まぁでも自分のアタマで考えて素晴らしいアウトプットを出せるのは、著者のような素晴らしいアタマの持ち主に限られるような気もするので、インプットも相変わらず継続していこうとは思いますが。

0 件のコメント: