このブログを検索

2011年5月29日日曜日

(音) Gleeで歌われた名曲たち

アメリカのテレビドラマシリーズ。
Gleeの1シーズン(22)1ヶ月と少々かかって完了。

歌のレベルが非常に高い。
全曲カバー。その選曲がよい。

カバー曲の真の価値は「それを聴くと、オリジナルの曲が聴きたくなる」です。これは間違いない。カバーしたアーティスト(このドラマの場合には製作スタッフ)が、原曲を歌うアーティストに最大限の敬意をはらって、選んでいるのだから。その意味で、このドラマは金字塔を打ち立てている。

原曲のよさを再認識できる曲(AerosmithDream onも歌ってくれるの!?)や、こんなによかったっけこの曲(LADY GAGABad RomanceとかQueenAnother one bites to dustとか)、とかいろいろあって人によっていろんな楽しみ方ができそう。
 
全編 日本語吹替え/英語字幕 で見たが、違和感はあまり感じなかった。
Quinnの吹替えの水樹奈々には是非歌も吹替えてみて欲しかったけど。

よかった曲上位5曲 / オリジナルアーティスト
1. Hello (第14話) /  Lionel Ritchie
2. Bust your windows (第3話) / Jazmine Sullivan 
3. Poker Face (第21話) / LADY GAGA (こちらは原曲と異なるバージョンでバラード調になっている)
4. It’s My Life + Confessions Part II (第6話) / Bon Jovi  + Usher
5. I dreamed a dream (第19話) / Les Miserablesより

Rachelが第10話でElton Johnの「Sorry seems to be the hardest word」を歌っていれば、Best5に入っていたなぁ。是非歌って欲しかった。

0 件のコメント: