このブログを検索

2011年5月24日火曜日

(本) 向上心 ― サミュエル・スマイルズ(竹内均訳)

誠に恥ずかしながら、今回の麻酔科学会総会での私は全く集中力を欠いていた。リフレッシャーコースを1つも申し込まなかった上に、興味ある演題やシンポジウムに参加しても、ありがたい講演の内容はほぼ全てが右から左に流れていった。演者の皆様、ごめんなさい。
そんな「学会に参加したと言うのもおこがましい」私をびしっとしめてくれる1冊。

・働きすぎて命を落とした人も確かにいる。しかし、気ままに自分本位の怠惰な生活を送ったために死んだ人のほうがはるかに多い。(p81)

本書は下手な自己啓発セミナーに行くより(そういうセミナーには行ったことないけど)、よっぽど安く、しかも反復可能で、身に染みる内容が満載。スマイルズの著書に「自助論」もあるが、そちらも非常にお勧めできる内容である。勤勉な医師の皆様には必要ないと思われるが、私のように「やる気バロメータ」が上がったり下がったりする人間には、このような「偉い人の言葉」が必要なのであった。

***
投稿ラベルに「麻酔専門医試験」を追加。移動中に見て思い出しやすいように、過去の投稿のいくつかにラベリングしてみた。

0 件のコメント: