このブログを検索

2011年5月26日木曜日

(音) Amorphis ― The Beginning of Times (2011年, Finland)

すいません。完全に裏切られました。
これは非常によいアルバムです。

フィンランドのメロディックデスメタルバンドの10作目のスタジオアルバム。
フィンランドの民族的な音楽を取り入れたヘヴィメタル、と評される彼らの音楽。これまでも作品のレベルの高さに何度も傑作と呼び声が高い作品を作っている。が、これまでのものは「いいんだけど、もうちょっとなにかがほしいなぁ、ごにょごにょ」と思っていた。
本作が初めて私にとっても傑作!と言える作品になっているのは、おそらく分かりやすい歌メロになっていて、聴きこみをあまり要さない曲が多いためかもしれない。この分だと、これまでの作品ももっと聴きこまねば・・・。

1. Battle For Light
2. Mermaid → killer tune
3. My Enemy
4. You I Need
5. Song Of The Sage
6. Three Words
7. Reformation
8. Soothsayer
9. On A Stranded Shore
10. Escape
11. Crack In A Stone
12. Beginning Of Time
13. Heart's Song

0 件のコメント: