このブログを検索

2010年6月6日日曜日

Training outside(其の三十六)

1週間あくと走れるか不安になる。
走り終えてみると1回に走った距離ではこれまでで1番長かった。
今日は1週間後のレースを意識して外を走ってみた。
夕方のトレーニングのため西日が強かったが、風が時折吹いてきて心地よかった。
躑躅のほかに紫陽花が咲いていた。
東京の来週の日曜日の天気予報では曇り時々雨。雨が降らなければよいが。

ランニング:77分 1.2+(2.3*5)+1.2=13.9km(ほぼ平坦な道)  計242.6km
筋トレ:なし
(2月 48km, 3月 56km, 4月 63.1km, 5月 61.6km, 6月 13.9km)

4月5km:なまずの里マラソン  23分07秒
6月8km:多摩川堤健康マラソン(あと7日)
7月10km:東和ロードレース(あと28日)
9月20km:田沢湖マラソン(あと105日)

***
今日感じた違和感。
きちんとした料理を出す店、それも個人で営業しているようなこじんまりとしたお店で、来店するなりおもむろにパソコンを取り出し、それをいじりながら食事をする30代(推定)のカップルが隣に座ったのだ。いい大人のカップルで、わざわざ予約までして来店し、お互いにろくに会話も交わさずに、黙々とパソコンでネットやコミックを読みながらである。私たち夫婦が店を出るまでの40分ほど、全くその態度は変わらなかった。
食べ方は人それぞれ。周りの迷惑考えず大声で世間話をしながら食べる中年女性はよいのか、本や雑誌を読みながら食べるのはよいのか、等いろいろと反論はあるだろう。iPadがもっと普及したらそれもよく見慣れた光景になるのかもしれない。しかし、今日遭遇した、隣の2人の食事のとり方は「1人暮らしの人が家で漫画雑誌を読みながらコンビニの弁当を食べる」それに限りなく近い雰囲気をかもし出していたので、異常な違和感があった。パソコンがメインで料理はついで、のような食べ方には、作り手に対する感謝の気持ちが全く感じられなかった。人の食べ方をあれこれ言えるほどのマナーは私自身も持ち合わせていないが、守った方がいい常識というのはある筈。人のふりを見て我がふりを直すきっかけにしようと考えた1日だった。世の中いろいろな人がいるものだ

0 件のコメント: