このブログを検索

2010年6月5日土曜日

ラクをしないと成果は出ない ― 日垣隆

スペインの哲学者オルテガは「大衆の反逆」で言っている
「常に自分に課題を課していく人が、思想的貴族だ。優れた人間とは、自分自身に多くを課す者のことである」 (43)

自爆しない(92)
  ・その1:嫌なことに2つ以上の理由をつける
  ・その2:自分にできないことを、できると言ってしまうこと
  ・その3:自分にできないことを他人のせいにしてしまうこと

やさしく丁寧な物言いで難癖をつけてくる相手と、エキセントリックに怒鳴るけれど的を射た指摘をしてくる相手を見極める(96)

イギリスの歴史学者C・N・パーキンソンの言葉
「仕事の量は、完成のために与えられた時間を全て満たすまで膨張する」
日々仕事を圧縮する工夫を。

45歳の人が25歳の人の2.5倍の給料をもらうためには、等しく与えられた時間の中で3倍の仕事をこなせなければ、受給するまっとうな資格がない時代 (101)

「今の仕事は30年たってもやっている仕事かどうか」を自問し、そうでなければ続かないと見切ったほうがいい。(113)

「何をしないか」を明確にしていく。人の一生は、「すべて」をやれるほど長くない(136)

失敗の原因を探すとき、自分を除外してはならない。たとえ、上手くいかないことがあっても誰かのせいにしない。(153)

 

0 件のコメント: