このブログを検索

2009年11月22日日曜日

Arch EnemyのThe root of all evil

http://www.amazon.com/dp/B0015T963C

10月からワイヤレス電子ブックリーダー「Kindle」がAmazon.comで買えるようになっていたようだ。重い本を持ち歩かなくてよいのはとっても魅力的だが、259ドルする。日本語版はない。今の私の英語力では高すぎる投資である。いずれ日本語版で利用できるようになり、医学書籍を全て手軽に持ち運べるようになればよい。電子化のよいところは検索機能だと思う。検索語を入力すると複数の書籍から該当する箇所を拾いあげ、数秒でほしい情報にアクセスできる。そんな日が待ち遠しい。

寒かったが雨降りではなかったので今日も走ってみた。12分38秒。昨日より少なめにした。筋肉痛になりそうだったためである。
・腰を高い位置保持する
・腕をしっかり振る
・背筋を伸ばす
を意識して走ってみた。走り終わった後は暑い位だが、走り始めは寒い。もっと防寒対策を強化する必要がありそうだ。
今日はランニングのお伴としてArch Enemyの新しいアルバム「The root of all evil」を利用してみた。現ヴォーカル、Angela Gossow加入前の1st~3rdアルバムのリレコーディングアルバムである。ランニングのお供にデスメタルは相性がよいかと思っていたが、意外とそうでもなかった。大音量で聞いていると自分の呼吸の音が聞こえずうまく一定にできない。曲に聴き入ってしまい、前方不注意になる。かといってさだまさしばかり聞いていられない。BGMは今後の課題としよう。

肝心のアルバムの方は…やはりJohan Liivaの歌い方の方が聴きなれていたせいかどうもしっくりこない。特に「The Immortal」を聴いていてそう感じた。「Rise of the Tyrant」での咆哮を期待していたのだが、今作での彼女の歌い方はちょっとおとなしい感じがした。その中でも「Diva Satanica」では野獣のようで噛みつくように歌っておりいい仕事をしている。初期の超名曲「Field of Desolation」が収録されていないのが若干残念な気がする。かわりと言うわけではないだろうが「Bridge of Destiny」が13曲目に再録されている。この曲の最後(5:32~)にくる、まるで演歌のような情念たっぷりのギターソロの美しさに改めて涙した。このギターメロディは人類の宝と言っても過言ではないと思う。

明日は日当直なので購入したダウンジャケットを着て自転車で行ってみよう。

0 件のコメント: