このブログを検索

2013年4月13日土曜日

(雑) 新病院での手術麻酔はじまりました

新年度ということで非常勤ながら、新しい環境で手術麻酔を担当させていただくことになりました。
今度お世話になる病院は、家から片道3時間くらいかかりますが、頻繁な乗り換えがない分、一昨年、昨年よりは通勤は楽かもしれません。これまでは1時間半-2時間位でいける病院でしたが乗り換えが多くてせいぜい読書するしか出来ませんでした。

通勤路の途中に、パソコンで資料を作ったり勉強に集中できるスターバックスやフリースペースを発見しました。今後何回か利用して使い勝手を試してみたいと思います。

新病院では手術室の入り方は覚えましたが、オペ室看護師さんたちのレベル、愛想、麻酔科医への協力度、外科の先生たちのレベル、愛想、麻酔科医への協力度、病棟看護師さんたちの様子、患者さんの大まかな特性。そう言ったものを肌感覚で掴むのにはそれなりに時間がかかるかもしれません。
今のところ取り敢えずできることとして、会う人会う人に元気に自己紹介をしまくり、「僕が何かおかしな行動をしていたら遠慮しないで突っ込んでくださいね。」とふれまわってます。外科の病棟や整形外科病棟などへは手術室から階段を使って上がったり下がったり一日に何度も繰り返して足腰を鍛えます。
予定手術前、緊急手術前の患者さんには、病棟まで出向いて、必ず自分自身で問診して麻酔の話をしています。外科の先生からの依頼麻酔法に疑問があれば、こちらからPHSをかけて、主治医と麻酔法についてのディスカッションをします。
術後も時間が許す限り何度も患者さんの様子をみに行きます。一週間に一度しかその病院へは行けませんが、術後一週間して、まだ入院されている患者さんがいれば、術後の経過を伺いに病室を訪問します。何か問題があれば、次の患者さんの麻酔に生かします。

手術室看護師さん向けに麻酔のミニレクチャーも予定しています。昨日はその第一回の予定だったのですが、緊急手術が入ってしまったため、次回以降に延期になりました。麻酔のレクチャーも暫くしていないので、この面でもトレーニングになりそうです。

「あのセンセ、週に一回しかこないのに毎日いるかのように馴染んでるよね〜」と、常勤スタッフの方々に言ってもらうことが取り敢えずの目標です。
何故ならスタッフと仲良くなればなるのが早いほど、患者さんに提供できる麻酔の質も向上する、と思い込んでいるからです。

常勤で勤めていれば色んな信頼関係の構築をつくるために時間のゆとりはありますが、非常勤で、しかも病院から遠く離れているところに住んでいる私には、これらを凄いテンションで濃密にやる必要があります。

今年はこの環境で、自分の人間力、麻酔科医力を向上させたいと思います。
学ぶことは学ぶ環境で探す。仕事の質は自分で上げる。頑張ろう。

2 件のコメント:

くー さんのコメント...

コメント残すのは2回目くらい(?)ですが、いつも拝見しております、同世代麻酔科医です。
今回の記事、いつも感じている事だったので、ちょっと感動してしまいました。
年をとるにつれて、いろんなことが縮小傾向にならないよう、今出来ることを、出来る範囲で最大限やる、そして未来につなげる・・・何でもそういう気持ちでやっていきたいものです!

H. Ito さんのコメント...

くー先生、コメントどうもありがとうございます!
お会いしたことのない(?)くー先生の心を多少なりとも動かすことができた…と思うと私も感動です!
仕事は気持ち次第ですよね。手を抜こうと思っても、最大限やろうと思っても、どちらも限界はない筈なので、できれば後者であり続けたい…と日々思っております。
これからもどうぞよろしくお願いします!