このブログを検索

2012年7月21日土曜日

(麻) EV1000の説明会をしていただきました

EV1000はVigileo/FloTracやプリセップCVカテの進化版とも言えるモニターです。
自分でまだこれを使用しながら麻酔管理したことがないのでなんとも言えないのですが、このモニターがあるから大丈夫!!ってことにはならないでしょう。ASA-PS 3/3E, 4/4E,5/5E、または大侵襲・大出血・長時間手術患者さんの麻酔・集中治療にはとっても心強い味方になるんでしょうけど、初心者にはいろんな値が一度に見えすぎて混乱するような気が。逆に、これまでベテランの先生が匙加減でやっていたかのように見えていた循環管理が可視化され、他のスタッフとより詳細な情報を共有できるモニターであるかのようにも感じます。
いろんな数字をうまく利用するためには、その数字の意味をしっかり理解しなければなりません。なぜその数字が今、表示されているのか。その数字、無視していいのか、気にして介入したほうがいいのか。目の前の患者さんにおいてはどんな意味をもつのか。それを考えるステップを省略してしまっては優れたモニターの意味がありません。どんなモニターもそうですけど、使い手の力量が問われますね。

ちなみに利益相反はありません(当ブロクで取り上げている、いかなる商品の企業とも利益相反はないです)。


0 件のコメント: