このブログを検索

2013年1月30日水曜日

(麻) 2枝ブロック、3枝ブロック時のペースメーカ適応

朝の2年目研修医の先生による症例提示。非常に勉強になりましたので、ガイドラインから抜粋しておこうと思います。

不整脈の非薬物治療ガイドライン(2011年改訂版)

ClassⅠ:
1. 慢性の2 枝または3 枝ブロックがあり, 第2度MobitzⅡ型,高度もしくは第3 度房室ブロックの
既往のある場合
2. 慢性の2 枝または3枝ブロックがあり,投与不可欠な薬剤の使用が房室ブロックを誘発する可能性の高い場合
3. 慢性の2枝または3枝ブロックとWenckebach型第2度房室ブロックを認め,失神発作の原因として高度の房室ブロック発現が疑われる場合

ClassⅡa:
1. 慢性の2 枝または3枝ブロックがあり,失神発作を伴うが原因が明らかでないもの
2. 慢性の2 枝または3枝ブロックがあり,器質的心慢性の2 枝または3枝ブロックを示す症例における植込み適応の決定にあたっては,高度の房室ブロックを来たす危険性の判断が重要で,電気生理検査によるHis-Purkinje系伝導機能の評価が重要である.電気生理検査によるHis 束以下での伝導遅延・途絶の参考所見は,(1) 著明なHV間隔の延長( > 100msec),(2)心房ペーシング(150/分以下)によるHis 束内またはHis 束下ブロックの誘発,(3)Ⅰa群抗不整脈薬静注によるHis 束内またはHis 束下ブロックの誘発である.

***
術前に主治医があまり注意を払っていなかったとしても、麻酔科が気づいてアクションしなくてはいけませんね。

0 件のコメント: