このブログを検索

2013年1月3日木曜日

(本) 昨年最後に読んだ本ーソクラテスの弁明 -プラトン, 納富信留訳(2012年、光文社古典新訳文庫)

『金銭から徳は生じないが、徳にもとづいて金銭や他のものはすべて、個人的にも公共的にも、人間にとって善きものとなるのだ』p63

このこと、つまり死から逃れることは、皆さん、難しいことではありません。ですが、劣悪さを免れることはずっと難しいのです。それは死より走るのが速い。そして今私は年をとっていて走るのも鈍いので、より鈍いものによって有罪にされましたが、私の告発者たちは手強くて鋭いので、より素早いもの、つまり悪徳によって捕らえられたのです。p96-7

***
今年も余裕が少しでもあれば、このブログに学んだことを記していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
今よりも、去年の自分よりも、自分の人間性が少しでも高まるように研究、麻酔、周りの暖かな人との交流を続けていければこれ以上に幸せなことはない気がします。今年も自分の役割をしっかりと果たしていきたいです。



0 件のコメント: