このブログを検索

2009年1月9日金曜日

4000文字を書く力

斎藤孝氏によると原稿用紙10枚書く力、というものを見つけるのは難しいらしい。
そこで思い出すのは、自分が小・中学生時代に読書感想文原稿用紙5枚描き上げるのが、なんと難しかったことか、ということである。
氏曰く
「いきなり書き始めて、4000文字の間に論理的な一貫性を保つのは相当難しい」。
全体の構成を考えるメモ書きから作業を始めるのが常套手段だそうだ。
私は普段そのような長い文章を書く習慣はないし、このようなブログやメールで駄文を
つくるだけである。
このブログで生産的な何かが作れるように模索してみたいと思う。

0 件のコメント: