このブログを検索

2013年5月6日月曜日

(詩) 空想と願望 - 新編みなかみ紀行(若山牧水著、池内紀編、岩波文庫、2002年)

若山牧水の詩の話とか、日常会話に出てきませんし、「何の役に立つの?」って真顔で言われたりした日には「まぁいいから1回読んでみてよ」としか言えませし、役に立つかどうかをすぐ判断できるものしか求めないような世界に、私は住んでいたくありません。


短歌を詠んで、酒を呑む。旅に出る。天気が悪かったりして旅の足止めを食らうとまあ仕方ない、と取り敢えず酒を呑む。いい気分になって短歌をよむ。足止めを食らったはずなのに、旅を再開するでもなく、そこで数日酒を呑んで短歌を詠みながらだらだら過ごす。あぁそろそろ行くかとのろのろと歩き出し、途中途中で呑む、短歌をよむ。


そんな調子の紀行文が何篇も収められている本なので、まぁ何かの役に立つ本をご所望の人には全くすすめられませんが、p152-160に収められている「空想と願望」は私が大好きな詩の1つです。

***
誰一人知人に会はないで
ふところの心配なしに、
東京中の街から街を歩き、
うまいといふものを飲み、且つ食つて廻り度(た)い。

・・・中略・・・

いつでも、
ほほゑみを、
眼に、
こころに、
やどしてゐたい。

自分のうしろ姿が、
いつでも見えてるやうに、
生き度い。

・・・中略・・・

麦酒(ビール)が
いつも、
冷えてると、
いい。

***

ただの酔っ払いのようですが、人生にまっすぐな姿勢が感じられます。こんな酔っぱらいになりたいものです。

0 件のコメント: