このブログを検索

2012年10月30日火曜日

(麻) 輸液反応性の評価信頼性についての論文

2つ出てました。

Pleth variability index is a weak predictor of fluid responsiveness in patients receiving norepinephrine.
Br. J. Anaesth. (2012)   First published online: October 26, 2012 PMID:23103777

今度はDr. Monnetからの報告です。ICUの敗血症患者さんをメインの対象とした研究。研究介入時のノルアドレナリン投与量はレスポンダー(この論文での定義=生食500mlを30分投与してCI≧15%以上の増加)で1.00 (0.62 – 3.4)γ、 ノンレスポンダーで0.68 (0.18 – 3.2)γとなっています。
タイトルそのもので結果もまぁそうですか・・・という感じではありますが、エントリーした42人中、7人ではPVI自体が測定できなかったとあります。

***
Prediction of volume responsiveness using pleth variability index in patients undergoing cardiac surgery after cardiopulmonary bypass.
J Anesth. 2012 Oct;26(5):696-701 PMID: 22588287

Dr. Haasからの報告だとPVIはSVVと相関性ありと結論しています。心臓外科待機手術患者さんのCPB離脱後においてPVIは信頼出来るか、を検証しています。コロイド4ml/kg投与してCI≧10%の上昇を輸液反応性ありと評価していますが、CPB後の不安定な状況(心拍数や右心不全の存在)ですから、PVIもSVVも特異度、陽性的中率は低いものとなっています。

SVVやPPVはもう「大体こんなもんだ」ということにして、PVIやNICOMの信頼性を検証するのが最近のトレンドなんですかね…。

0 件のコメント: