このブログを検索

2013年7月31日水曜日

(麻) いつまでこんなことが続くのか本当に心配してしまいます。澱粉製剤の話です

全く理解不能です。
というのも、ヘスパンダーとサリンヘスの話です。

発売元のフレゼニウス・カービからこのような情報が出されています。

2012年のNEJMで報告された、多施設RCTの論文その他を受けて、我が国くらいでしか使われていないであろう、低分子HESについての使用制限勧告の情報です。

これを真に受けるならば、重症敗血症患者の手術中に、麻酔科医はヘスパンダーおよびサリンヘスを使用してはいけないということになります。

ということは、つまり、severe sepsisの大腸穿孔のような手術の麻酔をする際には、晶質液を入れてみて、輸液反応性が見られなかったらノルアドレナリン、アドレナリン、バソプレシンで昇圧して、それでも循環が保てないようならば、アルブミンや新鮮凍結血漿や赤血球や血小板を入れろ、ということになります。血液製剤を使用すると死亡率が上昇するという報告も、海外では多数されていますが、どうすればいいんですか?晶質液だけで頑張ればいいんでしょうか?それも1回も自分で使ったことのない薬剤での研究結果を受けて。


なぜ、中分子のHESでの報告を真に受けて、低分子HESの使用制限が、しかも発売元から全くの無抵抗のような状態でなされるのか、私には全く理解出来ません。


いま話題になっている、ノバルティスファーマのディオバンについての論文がおかしいからといって、同じ作用機序の他のARBの使用制限がなされていますか?

EBMとおっしゃるのならば、重症敗血症患者において、低分子HESを使用することで腎代替療法率や死亡率が上昇するという大規模前向き研究が、これまでに1つでも行われたんでしょうか?それも日本人を対象として。

中分子HESでの結果が悪かったからといって、別の薬剤であるヘスパンダーおよびサリンヘスまで悪玉にするなんて意味がわかりません。

***
でもきっと今後、重症敗血症患者の麻酔でヘスパンダーやサリンヘスを使ったりしたら、その麻酔科医は、外科の先生や集中治療専門医の先生から怒られてしまうのでしょうね。

「麻酔科が術中にヘスパンダー使ったから、この患者さん透析することになってしまった/お亡くなりになってしまったんですかね…」と。

一時期もてはやされていた周術期のベータブロッカーのことを思い出してください。

日本で麻酔をして、お金をもらっているプロの麻酔科医は、少し怒ったほうがいいと思います。このような、木を見て森を見ずな情報、私は全く受け入れることができません。

因みに申し上げますが、私は、フレゼニウス・カービとの利益相反は一切ありません。

私には想像できないほど頭のいい人たちがいろんな判断や決定を下している筈なのですが、このようなことしかできないんでしょうか。

久しぶりに気分が悪くなりました。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

全く同様に思い、怒っています。でもそういうことを正すために麻酔科学会があると思います。彼らの見解はいかがなのでしょう?
薬屋のいうことをうのみにして波風立てずにおさめようとするのでしょうか。彼らは自分では麻酔をかけることもありませんからあれだけ無責任でいられるのでしょうね。いずれにしても何らかの対応を取るべき事象と考えています。

H. Ito さんのコメント...

匿名の先生、

コメントどうもありがとうございました^^
麻酔科学会で意思決定権をもつ先生が、このような瑣末なことに対応するのか、また、そもそも重症敗血症患者の麻酔を直接担当する機会があるのか私にはわかりませんが、意見は聞いてみたいところです。
重症敗血症患者の麻酔で低分子ヘスを1000−2500ml程度使うだけでは循環動態が安定することはなくて、結局何らかの血液製剤が必要になることが多いですが、その血液製剤の使用量は減らせるのではないか…というのが私の感覚です。
今回のような決定がくだされるのを見るにつけ、evidenceの名のもとに思考停止している人が少なからずいるのかと想像され悲しい限りです。